利根川も解除?

久しぶりの利根川。

ま、やる事決まってますが。


本日も巻く気満々なお二人です!

まずは結果から!!
一日中ボッコボコでした。

細い?魚体のシーバス達も元気でしたが、本命は釣れっ釣れ。









残念ながら50アップが出なかった。

相変わらずのDEX VB60は半端ない活躍ですね。


80アップ二発。

このクラス多数!


よくわからない?くらい出現。

本命は?何尾釣れたのか分からないです。


このセットばっかりですね…

            

  Monster hunting Day11

秋の冷えを体感できる様になりました。


前回、ハードベイトでリミッター解除のボッコボコを体感して頂いたKさんと。


スローダウンして丁寧に。

サイズ読めない?ですが、2スポットでアタリは充分に。


ジグ展開ではDEX フットボールとワイドシュリンプ。


fantasista FNC64MLを操るKさん。
ラッシュ突入!


終了間際には52cmの自己新記録達成!
ナイスフィッシュでございました!

下がる水位にドキドキ。。

帰り…こんなとこばっか。

AVX189。

これじゃないと走れない日!

再び更新?でした。

            

  Monster hunting Day10

異次元の世界を開けた翌日。

あれ以上の世界は日本にあるのか?

と思いながらのスタート。


初めてのトライのMさん。


朝からまーー景気の良い画像が見れて安心。


しかも、スポットが狭くてやりやすいのか?1発目から50アップ!


Mさんの操るラバージグ。
で、45クラスまでなら飽きない程度の量産モード。


釣る!


釣る!!
とにかく釣りまくる!

釣り過ぎー!!!!

53cm・51cm・50cmの3発のMonster。
数は…わかりません。

ボッコボコな日でしたね。

            

  Monster hunting Day9

リミッター解除!再び。

はやい時間、やっぱり食わない。
あとはエリア探しに必死です。

Mさんからの始まり。

今日はしっかりとチェリーを打ってもらいました。


Mさん、今度はサイトで45アップ!
fantasista 70H 10thぶん曲げてました。


ちょっとだけ?スロースタートだったW社長、快進撃はここから。


釣る!


釣る!!


釣るーー!!!

50アップ入り乱れ?とボッコボコ。


もう販売してません。
ランカーキラー?の仕事力半端ない。


Mさんも、釣る!


釣る!!

まーー船中、45〜53cmまでカツオの一本釣り状態?でボッコボコ!!


釣る!


釣る!!釣り過ぎ…!

15時には、バッテリーが終了。
とお二人の腕が崩壊し負傷?

ベストだと2000g振り切りが2発。
ベスト5のウエイト8000gオーバー!
総数不明。。

            

  夏〜秋になると大活躍?

DEX VB60.VB70アドバンテージ




DEXシリーズ開発時、当初から会社内での反対意見の多かったVB(バイブレーション)

「時代に合ってない!」
「流行りから離れている」
「キワモノをやるべきだ」


まぁー聞き飽きるくらいのご意見を頂きました。
率直に「ワームしかやらない?やれない?人達へ発信しても 無駄! なんですが…

これが全てですね。

バイブの釣りをやった事がない方、多いですよ。
持ってない人も多いです。

ここからは確信に入りますね。

★バイブでしか出来ないロケーション時、他のルアーは役に立たない。
★VB60は世の中にある60mmバイブと比べて約3〜2g 総重量が重い!!
★VB70は22gまで重量を上げで作った!
★シミーフォールというバイブを縦の釣りにも使えるようにバランスを考えてある!


この内容、ご理解頂けるだろうか?

現場で使いたい!釣ってもらえる!バイブを目指して完成したのが、DEX VBシリーズ。




桧原湖ではフットボールと同じ使い方で楽しめるし、流れのガンガンある河川では

完全に独壇場!

同じ水深を平行にレンジキープ出来ルアーって、バイブしかない。
クランクは竿とラインの角度、あとは巻きスピード調整しないと無理。
ミノーもリップがあるからレンジをコントロールしないとダメ。
そう考えると、バイブが1番スピードをMaxまで上げられてレンジをキープしやすい!のが分かると思います。
そう、スピードもMaxまで行くと流れに対して垂直になると寝てしまう。残念ながら、他の16gバイブとVB60の総重量18gでは

Maxスピードに雲泥の差が出る

のをテスト中にやりました。ガンガン流れているフィールドで出て来た答えか18gです。
更に、スピード出せる!と言う事は? ヘッドを下げ気味なスイム姿勢になるのでフロントフックの根掛る率がグッと下がるのも特徴。


重量がある!と言う事は飛距離でも圧倒的なアドバンテージになるのは誰にでも分かる事。


釣り場から産まれたDEXルアー。
流行りにのらないで良い。何故なら?

流行りは廃るから

単純に釣る為に開発しました。皆さんのフィッシングライフを笑顔で満して頂きたい!

「あっ、このロケーションだ!」 そう想った貴方、正確ですよ。

<< | 2/128PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

        

search this site.

links

profile

others

mobile

qrcode