戦力増強!

スモールマウスバスとの駆け引き。
環境に対して敏感に反応し、動く魚としてゲーム性は高い。その反面、難しさもあるためルアーは当然の事、ギアへの追求も止む事はないだろう。

6年程前からオッキーと追求し始めていた。現行にあるレングスに対しての疑問符がお互いに生まれ、トライがスタートした。

『ザ・シューティング』

ディープゾーンにいるバス達をベイトの群れと共に魚探画像を見ながらバーチカルに釣る釣法。時には魚体そのものを画面に出しながら追いかけ、喰わせる。

書くとカッコ良く?表現出来るが、対して人との釣果の差が強烈に出てしまう事も少なくない。

リグを操る為、竿にしっかりとした役割・仕事を与える

必要以上に張ってもダメ!
必要以上にしなってもダメ!
必要以上にだるくてもダメ!
必要以上に軽すぎてもダメ!



意のままに底を感じ、ワームの抵抗値を感じ、魚が触れてアタリとなる前には無意識のうちにフッキング動作になっている……。 理想を表すのは簡単な事。しかし、オッキーが煮詰めに煮詰めて完成させた今回紹介する『THE SHOOTING』は想像をはるかに超えた完成度だった。


二本の『THE SHOOTING』右のは昨年春に出来ていたプロト。実はこれが最終になり「Go!」となるものだと勝手に解釈していた…。
左の市販されている完成品、更なる進化を2回も澳原はおこなったと言う。
確かに、まるで違う別物だ……。


5ft8inは想像の世界を超えるコントロール性能を持っている。


今回滞在した野尻湖。ハッキリと言うがシューティングのタイミングではない! 「軽くスタックさせ、ワームをその空間に滞在させる」
これが予想をはるかに超えるレベルでやりやすく、揺れるボート上での「空間キープ」が楽に出来た。

やはり操作性はハンパない!

アドバンテージに必ずなる道具?漁具をぜひ触って欲しいと思います!

fantasista REGISTA FNS58XULS

  • 2020.08.06 Thursday
  • -
  • by スポンサードリンク
            

  スポンサーサイト



PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

        

search this site.

links

profile

others

mobile

qrcode