やはり…?

やはり…レッグワームとなる事が多い冬場。リアクションベイトとしての使いこなし方。

ズバリ↓

2.5インチ2.9インチを使い分ける。

濁り具合と風、さらに太陽の光によって変えますが「クリアアップしたらナチュラルに、よりシンプルに!」で構わない。
逆を言えば「濁って曇ってならアピール方向へ」がキーとなる。

流れと風によってシンカーのウエイトを変えますが、「ボトムタッチがしっかり分かる!」事が重要。
☆重すぎはスタックし過ぎてリズムを壊します。 変わる天候に対して、コントロール出来るウエイトをマメにチェンジするのも大切になります。



シンカーはティアドロップ型とスリム型をスタック具合に応じて使い分ける。必ず絡み防止パイプは100%使用。ハングオフのしやすさが数倍に…!


ブロックや石の隙間に『入る』または『出てくる』イメージを必ず持つことが集中力に繋がりますよ!


            

  変わらず!

結局昨年も振り返るとかなりの消費量……。

製作しないと!

もう話しても大丈夫でしょう。
昨年に撮影していたSONYさんの携帯電話のCM。

「魚は絶対に必要!!」
「魚無しは企画自体に影響が……」

久しぶりに緊張感MAXとなりました。
コレだけの大撮影になると「決定的に信用度の高い物」しか使わないですよね。

ましては、初めての雄蛇ヶ池。

やはり!

コイツでした!!


釣れた喜びよりも任務を遂行した事が大きいでしたね。

だって

朝から雄蛇ヶ池に40人超えるスタッフですから……(⌒-⌒; )

やっぱりスゴイ!

と、言う事で

サイズ違いもトライ中。

どっちにしても集中して作らないとシーズン中は面倒。
ま、知る人ぞ知るパワーですから!

            

  ピッタシ

この季節だね!



日中はパーカー、夕方はゲリジャン。
この組み合わせがジャスト!


やっぱり赤?


しか着てないかな…………。

昔はエンジばかりだったような気がしますけどね〜。

実は!

SONYさんの携帯CMで着てたのも


ゲリジャンレッドでした!

見てない方は?
SONY Xperia CM

            

  おニュー!

カラーに対してはシンプルな使い分けしかしない?自分ですが……


新色が加わりましたね!

マッディ〜と言うよりもステインウォーターに欠かせないカラーが入りました。


濁りからの落ち着きを見せ出したフィールドでは昔からの定番色ですね!

1軍は決定です。

            

  作業

ず〜と「やらなきゃ!」と思ってる間に桜が散ってました。

先日の琵琶湖でストレスMAX……



4インチヤマセンコーBOXをリフレッシュ。

このカラーバリエーションで僕はほとんどOK。

参考にして下さい。
八郎潟が始まると1日で20本位消耗するタイミングもありますけどね。

| 1/1PAGES |